永福ミニバスケット同好会

 

S.63年7月、永福小の先生が永福小ミニバス同好会を発足。 「チームワークの大切さや豊かな人間形成を学ぶ場」として活動。 区大会で数々の優勝をし、都大会にも出場しています。
 現在は、永福小、永福南小、高三小、浜田山小と広範囲から 子ども達が参加。2年生〜6年生まで男女総勢33名の小学生+ 親の交友関係もでき、子供達はハードな練習も毎回楽しんで いる様です。ミニバスを卒業していったメンバーの中には、 自分のチームを作って活動している人あり、クラブチームで 活躍している人ありと幅を広げ今でもそれぞれに頑張ってい ます。
 今年度、6月の区大会では男子チームが3位入賞。夏には 合宿を行い、一日中練習漬け(?)にも関らず終わった後の感 想は・・「楽しかった!」「来年もやりたい!!」と目を輝 かせていたのが印象的でした。11月にはチームのメンバーが 杉並区の代表に選抜され、試合に出場するなど今後もますま す活躍が期待されます。
 他チームとの合同練習や練習試合も多く取り入れ、切磋琢 磨しながら自信と実力をつけているように思います。子ども 達の頑張りをみていると自然に親たちも熱が入り、縁の下の 力持ちとして日々応援しています。成長期の子ども達という ことでコーチのケアも厚く、大きな怪我をする事なくのびの びとプレーが出来るのもこうした支えがあるのに他なりません。
 バスケットというスポーツはルールが複雑で瞬時に判断し 行動する事が必要とされる為、小学生には少々難しいスポー ツだと言われています。しかし、小学2年〜6年というかけが えのない子ども時代にバスケットを知り、体験する事で考え る力や行動力、人との関り合い等、多くの事を学び力をつけ ていく姿がみられ、この経験は人として成長していく過程で の糧となっていくことと思います。

 練習日 毎週火・土曜日(永福小体育館)
    毎月第2・3日曜日(永福南小体育館)

            KSCC担当 鳥居 久美  2006.12

戻る